トップ  >  東京嶺北会だより2012

東京嶺北会だより2012 Ohtoyo,Motoyama,Tosa&Ohkawa Kochi Pre. Tokyo-Reihoku-kai News Letter 2012

嶺北では新緑が山々を覆い、清涼な風が心地良い季節となりました。 東京嶺北会会員の皆様は、いかがお過ごしでしょうか。 今年度も「東京嶺北会だより」を会員の皆様にお届けし、活動の様子をお知らせします。

第68回東京嶺北会総会が開催されました。

4月21日土曜日、東京有楽町の高知アンテナショップ「まるごと高知」の2階にある『TOSA DINIG おきゃく』にて、 第68回東京嶺北会総会が開催され、来賓を含めて総勢54名様にご参加を頂きました。

はじめに、東京嶺北会会長 金田 凖 より、

「東京嶺北会は、大正8年(1919年)からある伝統ある会です。本日の総会には、若い方も多くご参加頂いておりますが、今後もどんどん参加して頂き、故郷から東京に来て活躍している先輩の話をたくさん聞き、深く良い人間関係を作って頂きたい。今後とも、一層輪を広げ、絆を大切に、良い東京嶺北会を作っていきましょう。」 と、 挨拶がありました。

続いて、来賓の衆議院議員 中谷元様、土佐町長 西村卓士様、本山町 今西芳彦様、高知県議会議員 川井喜久博様から、最近の高知県について、そして故郷嶺北地区についての近況を交えてご挨拶を頂き、参加者は頭の中に故郷の風景を浮かべながら懐かしく話を聞き入っていました。

衆議院議員 中谷 元 様からのご祝辞

「東京嶺北会総会開催、誠におめでとうございます。日頃は様々なかたちで故郷高知県のためにご協力頂きましてありがとうございます。嶺北では、シャクナゲやサツキといった花々が綺麗に咲く季節となり、訪れるとホッとした時間を過ごすことが出来ます。また、最近では、『あかうし』をはじめ、日本一おいしいお米になった『天空の郷』や碁石茶でお米を炊いた『碁石御膳』など様々な特産品が話題となっています。更には、ゆずの加工工場も出来上がり、農業・林業共に頑張っている嶺北ですが、これも、東京でご活躍の皆様が盛り上げてくださるからだと思っております。本日は、ここ『おきゃく』の美味しい食事とともに故郷高知の話を皆様と十分楽しみたいと思います。」

高知県土佐町長 西村 卓士 様からのご祝辞

「第68回東京嶺北会総会のご開催おめでとうございます。故郷嶺北では、桜も終わり新緑の季節とともに、農繁期を迎えています。さて土佐町のことを少しお話させていただきますと、土佐町では少子化、高齢化が進んでおります。少子化に伴い、町内にあった3つの保育園をひとつにし、小学校も6校ありましたが1校にしました。中学校はもともと1校ですが、保育園、小学校、中学校がひとつづつになったことで滑らかな連携が取れ、一貫した教育が出来ています。また、高齢者も元気です。土佐町の人口は約4,400人ですが、そのうち90歳以上の方が152名いらっしゃいます。この152名のうち、男性は32名、女性は120名です。また、100歳以上の方は9名で、男性1名 女性8名となっています。最高齢者は105歳の方ですが、とても元気です。今後も元気なお年寄りがたくさんいて安心して暮らせるような行政に取り組んで参ります。その他にもお話したことはございますが続きは、美味しいお酒を飲みながらゆっくりとさせていただきます。」

高知県本山町長 今西 芳彦 様からのご祝辞

「故郷を想い、いつもご支援ご協力頂いている皆様に、厚くお礼申し上げます。帰全山公園のシャクナゲが、満開の季節を迎えた本山町ですが、やはり他の町と同じように、人口減少問題とこれに伴う高齢化問題に直面しており、保険医療や福祉の取り組みが一層重要になってきています。そこで、現在、嶺北の近隣町村と連携して高齢者福祉改革に取り組んでいます。また、本山町は汗見川や棚田の景観が評価され、昨年『日本で一番美しい村連合』に加盟しました。これまで長く続けてきた農業や風習の中で作り上げられた景観や景色を後世に残すために今まで以上に様々な取り組みを行って参りますので、こちらもご支援よろしくお願いいたします。今日は短い時間ではありますが、皆様と有意義な時間を過ごさせて頂きたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。」

高知県議会議員 川井 喜久博 様からのご祝辞

「第68回東京嶺北会総会の開催おめでとうございます。また、日頃は嶺北にご配慮を賜りありがとうございます。土佐町長や本山町長のお話にありました通り、嶺北では少子高齢化が進んでいます。30年代や40年代には各町村に1万人以上いましたが、現在は1/3になっています。県では、尾崎知事を中心に、自分が生まれ育った町や村で暮らせるように『日本一長寿県構想』を掲げ、高齢者でも安心して暮らせる町づくりとして地元での医療受診や、生活に必要な公共交通機関の整備問題に取り組み始めています。また、今年4月には土佐町にチップ工場が完成いたしましたし、平成25年には大豊町に大型製材所が完成予定です。これを機に、活気がある元気な町になるのではないかと期待しています。皆様もお時間が出来ましたら、故郷の桜やシャクナゲを見に帰って来てください。」

その後、ご臨席賜りました来賓のご紹介があった後、高知県東京事務所の森山様より「リョーマの休日」「まるごと高知ギフトカタログ」「ふるさと納税」についてご説明を頂きました。

そして、いよいよ乾杯です。

土佐酒造 澤田社長から乾杯のご挨拶

「昨年は残念ながら震災の影響で中止になってしまったので今日の東京嶺北会総会を楽しみにしてきました。本日は、初めてお会いする若い方々が沢山いらっしゃいますね。実に良いことです。『高齢化』とか『過疎化』とか真っ暗な話題がありましたが、高齢でも元気ならば良し!数の多少よりも質が大事!!これからも、元気をもたらす東京嶺北会でありますように。乾杯!!」

宴席の料理と懇親の様子


いたどりのきんぴら

土佐の食材を使った
料理は超一級品です。

美味しいお酒とともに♪ 美酒桂月!


どろめ

かつおの塩たたき

嶺北で採れた
米粉を使ったパスタ
懐かしい土佐弁が会場中に響き渡ります。
さすが、高知の皆様はお酒が強い!

本年は、全員に手土産をご用意いたしました。

小分けされた袋には、下記の3種類が入っています。
とても豪華です。

1.土佐酒造様から頂いた桂月
2.末広ショッピングセンター様から頂いた文旦とお饅頭
3.読売情報開発様から頂いたジャイアンツの公式グッズ
ジャイアンツグッズは、下記のように様々な賞品がありましたので
受付時に抽選会を行い、賞品を決定させて頂きました。
・ジャビット ぬいぐるみ
・ジャイアンツ オリジナルベスト
・ジャイアンツ オリジナル焼酎
・ポケモン ぬいぐるみ
・ポケモン バスタオル
・くまのプーさん バスタオル
・SAVOY バッグ

また、賞品のご提供を頂きました、土佐酒造衢諭∨広ショッピングセンター様、蠧蒜箴霾鶻発様、 本当にありがとうございました。

最後は参加者全員で東京嶺北会の歌を斉唱し、和田好二様の中締めで締めくくりました。

 

本年も、東京嶺北会が潤沢な運営と、益々繁栄を目的として、
会場内に募金箱を設置いたしましたところ、総額72,065円の
ご協力を頂戴いたしました。
ご協力いただきました皆様に、心よりお礼申し上げます。

2013年の東京嶺北会総会は、4月13日(土) 『TOSA DINIG おきゃく』にて開催予定です。
皆様、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。