トップ  >  東京嶺北会だより2014

東京嶺北会だより2012 Ohtoyo,Motoyama,Tosa&Ohkawa Kochi Pre. Tokyo-Reihoku-kai News Letter 2012

嶺北では、新緑まぶしい山々の薫風が心地よい季節となりました。東京嶺北会会員の皆様は、いかがお過ごしでしょうか。今年度も「東京嶺北会だより」を会員の皆様にお届けし活動の様子をお知らせします。

第70回東京嶺北会総会が開催されました。

4月12日土曜日、東京有楽町の高知県アンテナショップまるごと高知2階にある『TOSA DINIG おきゃく』において、第70回東京嶺北会総会が開催され、来賓を含めて総勢67名様にご出席を頂きました。


市川みどりさんを紹介する
金田会長

まずはじめに、東京嶺北会会長 金田 凖より挨拶がありました。

「皆様、こんにちは。毎年、年1回の集まりですけれども、今年も吉野川上流の四町村から首長の方々にご出席をいただいております。ありがとうございます。

今年で70回ということですが、東京嶺北会をひもときますと、最初に開催されたのが大正8年(1919年)ですので、95年の歴史を持つ会です。高知県に縁のある会は様々ありますが、その中でも最も歴史のある会ではないかと私は思っています。
後ほど、ご出席いただいている町村長の皆様からご挨拶をいただきますが、そのなかには出身地の近況なども含まれていると思いますので、故郷を懐かしんでいただければと思います。
そういったことも踏まえまして、今日は是非、土佐弁だけで話していただきたいと思います。土佐弁以外での会話は禁止です(笑)。徹底的に土佐弁を堪能していただきたいと思います。

ここで、一人ご紹介したい方がいます。市川みどりさんです。ルーツは大豊町です。本日お配りした資料の中にも入れておりますが、市川さんは世界的に有名なマリンバ奏者でして、大豊町にある古民家を買い取りコンサートハウスとして演奏会を開催しています。今年11月に開催する関東高知県人会大懇親会では、メインゲストとしてマリンバを演奏していただく予定ですので、是非、市川みどりさんの演奏を聴きにいらしてください。

今日は、存分に飲んで食べて故郷を懐かしみながら楽しいひと時を過ごしましょう。」

金田会長の挨拶に続いて、ご来賓の
高知県議会議員 川井喜久博 様
本山町長 今西芳彦 様
土佐町長 西村卓士 様
大豊町長 岩崎憲郎 様
大川村長 和田知士 様
から嶺北地区の近況もふまえてご祝辞を頂戴しました。

高知県議会議員 川井 喜久博 様からのご祝辞

「本山町出身の川井でございます。本日は東京嶺北会総会がこの地で盛大に開催されますこと心よりお喜び申し上げます。また皆様には日頃より地元に対しましてご尽力を賜りますこと改めてお礼申し上げます。

現在、高知県の尾崎県政は2期目の折り返し点を迎えたところです。昨年、大豊町で大規模な製材所が操業を開始しました。その能力は年間10万立方メートルの加工が可能で、四国はもとより日本でもトップクラスの規模を誇っています。また、ここで製材したものは、関東や東北地方への出荷も計画しております。ぜひ、家を建てられる際には土佐材を活用していただきたいと思います。

嶺北地区は、かなり高齢化で苦労しておりますが、各町村首長が先頭となり頑張っておりますのでこれからも一層のご尽力を賜りたいと存じます。
本日のご盛会、誠におめでとうございます。」


高知県本山町長 今西 芳彦 様からのご祝辞

「皆様こんにちは。本日は第70回の東京嶺北会のご盛会、誠におめでとうございます。95年という長い歴史の中で、今日こうして多くの人達が集うということは大変意義があることだと思います。
故郷嶺北は例年になく桜が遅咲きでして、今日(4月12日)現在もまだ花見が楽しめる状況です。皆様方には日頃より故郷に対して多くのお力添えをいただき心から感謝申し上げたく存じます。また、ふるさと納税等へのご賛同に対しましても重ねてお礼申し上げます。

本山町では「天空の郷」というブランド米を作っております。その「天空の郷」を原料に焼酎を造り出し、本年2月から販売を開始しました。ブランド米を使用した本格玄米焼酎です。この焼酎を造るに当たっては、土佐酒造の杜氏にもご協力いただきました。非常に希少品ですが、本日、皆様に味わっていただきたくご用意させていただきました。ご賞味ください。

故郷では、地元各企業が連携・切磋琢磨して頑張っておりますので、今後ともお力添えよろしくお願い申し上げます。」

高知県土佐町長 西村 卓士 様からのご祝辞

「皆様、こんにちは。今回で東京嶺北会に出席させていただくのが11回目を数える土佐町長西村でございます。嶺北地区につきましては、只今、川井議員からお話がありましたので、私は土佐町の近況を少しお話させていただきます。

昨年1年間、土佐町には明るい話題が幾つもありました。ひとつ目は、田井出身の和田正人(わだ まさと)さんがNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』に泉源太役で出演したことです。ふたつ目は、読売巨人軍にドラフト2位で和田恋(わだ れん)さんが入団したことです。和田さんも田井の出身で嶺北から読売巨人軍への入団は初めてのことです。やがて名選手になると期待しています。そしてもうひとつ、土佐町からミス高知が誕生したことです。岡林綾乃(おかばやし あやの)さんといいます。この方も田井の出身です。

このように、明るい話題が沢山あった土佐町でして、男性も女性も非常に元気に活躍しています。土佐町は健康な人づくりを重要な施策にしています。昨年厚生労働省が発表した平均寿命の中で土佐町は女性が87.9歳で県内1位、全国の市町村の中でも29位となっています。男性も79.5歳で県内3位を誇っており、高知県内では長寿の町といわれるようになりました。また、最近では県外からの移住者も少しずつ増えてきています。
私も土佐町や嶺北のために一生懸命が頑張って、また、皆様とお会いできるようにしたいと思います。本日はおめでとうございます。」

高知県大豊町長 岩崎 憲郎 様からのご祝辞

「本日は嶺北会ご盛会、誠におめでとうございます。また、嶺北会会員の皆様におかれましては各分野でのご活躍、故郷の者として誇りに思い頼もしく思います。心から敬意を表す次第です。また、それぞれのお立場から故郷に元気をいただいております。
大豊町の近況についてお話しさせていただきたいと存じますが、土佐町のように華々しい話題はございません(笑)。現在、大豊町では過疎が進んでおり、毎年4%ずつ人口が減少しています。昭和30年には小学校15校・中学校9校ありましたが、今春から小学校1校・中学校1校という時代になりまして生徒数も121名まで減少しております。現在の大豊町の人口は約4,400名ですが、昭和30年頃は小中学生だけで4,200名位の生徒がいましたので、かなり減少したといえます。

とはいえ、明るい話題もありまして、先ほど川井議員からもご説明いただきましたが、非常に大規模な製材所が操業開始いたしました。これを契機としまして日本で初めての木造のビルディングを建設いたしました。また、この木造ビルディングですが2020年東京オリンピックの選手村に是非採用していただきたく、国にも提案しております。
こうした取り組みを通して、山を活かした環境世紀にふさわしい元気な山村をつくりたいと考えております。
皆様からも沢山の元気をお届けいただけますようお願いたします。東京嶺北会皆様の益々のご活躍を祈念いたします。」

高知県大川村長 和田 知士 様からのご祝辞

「本日は東京嶺北会のご盛会、誠におめでとうございます。少しだけ、我が大川村のご紹介をさせていただきたいと思います。

大川村も昭和30年当時は4,400名ほどの人口がありましたが、現在は430名ほどになっています。こうしたなか、大川村では自然を活かして小中学校生を対象とした山村留学を行っています。皆様のご家族、親類、友人の中でご興味がある方がいらっしゃいましたら、是非ご参加いただきたいと思います。

嶺北にある4町村は手を取りながら、また、先輩町長にお力を借りながら末永く維持できるように頑張っていきたいと考えております。これからも、皆様からのご尽力を賜りたいと存じます。本日は誠におめでとうございます。」

引き続き、来賓の皆様をご紹介させていただきました。
当日お越しいただいた来賓の皆様をご紹介させていただきます。

 
高知県東京事務所所長 杉本 明   様
関東高知県人会副会長 長崎 武彦  様
高知新聞社東京支社編集部長 岡村 啓太郎 様
高知放送取締役 西本 浩二  様
高知県地産外商公社代表理事 武内 孝幸  様
土佐酒造代表取締役 澤田 輝夫  様

来賓のご紹介の後は、乾杯です。
乾杯のご挨拶は、今年も土佐酒造の澤田社長にお願いいたしました。

土佐酒造 澤田社長から乾杯のご挨拶

高知県では、地酒で乾杯ということを推進しております。何事があっても、まず地酒で乾杯。地産地消ということも踏まえて行っておりますので、本日も「桂月」で乾杯したいと思います。

今年も東京嶺北会総会という皆様が集う席に参加させていただきありがとうございます。

嶺北会の益々のご発展。そして、皆様のご健勝を祈念いたしまして乾杯したいと存じます。

乾杯!!


澤田社長のご発声を受けて、歓談が始まり、会場内には、瞬く間に「土佐弁」が溢れました。

歓談の様子

会場内は美味しいお料理・お酒と楽しい笑い声で一杯です。

本年も、ご出席いただいた皆様に手土産をご用意いたしました。
手土産には、下記の品々が入っています。


1.土佐酒造様から頂いた「桂月」
2.末広ショッピングセンター様から頂いたお菓子
3.読売情報開発様から頂いたジャイアンツグッズ


なお、ジャイアンツグッズは、今年も様々な賞品がございましたので受付時に抽選を行い賞品を決定させて頂きました。

ジャイアンツ ペアグラス
ジャイアンツ バスタオル
くまのプーさん
BOXティッシュカバー
ポケモン
フード付きタオル
SAVOY
バッグ

賞品のご提供を頂きました、土佐酒造(株)様、末広ショッピングセンター様、(株)読売情報開発様、本当にありがとうございました。

楽しい時間が過ぎるのは早いもので、あっという間に中締めの時間となりました。


本年の中締めご挨拶は、関東高知県人会副会長 長崎 武彦 様です。


関東高知県人会副会長 長崎 武彦 様 中締めのご挨拶

関東高知県人会の副会長をしております長崎と申します。関東高知県人会の中には多数の会が存在しておりますが、4町村の全首長が参加して開催される、熱心で熱い方々の集まりは嶺北会以外にないと思います。素晴らしいことです。

冒頭、金田会長からのご挨拶にもありましたが、関東高知県人会大懇親会が11月に東京錦糸町の東武ホテルレバントで開催されます。こちらにも是非ご参加いただきたいと思います。ご紹介があった通り、今年は市川みどりさんをメインゲストに迎えてのマリンバ演奏も予定しております。素晴らしい会のなると思いますので、是非お越しください。

本日は東京嶺北会の大盛会、誠におめでとうございました。




長崎様の中締めのご挨拶をもちまして、第70回東京嶺北会総会はお開きとなりました。

 お知らせ

第70回東京嶺北会総会について、平成26年4月15日(火)の高知新聞で紹介されました。

本年も沢山の方々からご協力を頂きました。

本年も、東京嶺北会が潤沢な運営と益々の繁栄を目的として会場内に募金箱を設置させていただきましたところ、皆様から総額66,000円のご協力を頂戴いたしました。
ご協力いただきました皆様に、心よりお礼申し上げます。

東京嶺北会ホームページについて

東京嶺北会のホームページには、ここでご紹介しきれなかった総会の写真が沢山掲載されています。
東京嶺北会のホームページにも是非ご覧ください。

東京嶺北会ホームページのアドレスはこちらです。

http://www.sameura.net/home/reihoku/

 

次回の東京嶺北会総会は、平成27年4月11日(土) 高知県アンテナショップまるごと高知2階にある『TOSA DINIG おきゃく』にて開催予定です。
皆様お誘い合わせのうえ、是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。